.

残念ながら現状ではすごく珍しい実例を除いて商品券販売店で買い物をしてもカードでの支払いができる店はほとんどないです。このため、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を使用した間接的クレジットカード使用のケースは現実的には実行するということができないなのです。ではどういう技を使えば間接クレジットカードができるのでしょう?と聞かれればそのテクニックとは現代で皆知っている電子マネーという名称のPASMO、iD、QUICPay、とかSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。本当は、このようなもの使って直接商品を買うのでないカードをやるという事が可能なのです。Edy、iD、QUICPay、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなどはクレジットカードで注文する事ができる商品券◇Edy(エディ)、Smart Plus、であったりSuica、WAON、nanacoなどに精通していない者にとってはぼんやりとレベルが高い第一印象を持たれるのかもしれませんが、こういう電子マネーはたとえるなら普通の金券です。American Express、Diners clubなどののギフト券と全く違いはないのです。同時にこういう電子マネーというものはクレジットカードを利用して簡素に買い付けする事が可能なという点が利点の一つです。このような電子マネーは最近スーパーをはじめとして、街ナカや多岐にわたる販売店などなどにおいても実用可能なようにもなってきている。「当店の物品を買うにはクレジットカードはご運用にはなれません」というように注意されてあった売店でもEdy(エディ)、iD、であったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどであるなら利用できる実例が数々存在するのです(ローンポイントが多くもらえる)。よってクレジットが活用できない店舗でも直接的でなくクレジットカードを用いるやり方で、クレジットポイントだけもらっていこうという技術です。普通にショッピングを楽しんでいるだけではゲットできないポイントであるから是非とも運用法を参考にしていただきたい。

Copyright (c) 2000 www.mgcollege.org All Rights Reserved.